HOME | 入会・参加方法 | メッセンジャー募集

メッセンジャー募集

 

HOME | 入会・参加方法 | メッセンジャー募集

メッセンジャー募集

 

なかよし学園メッセンジャーについて

なかよし学園
メッセンジャーについて

なかよし学園プロジェクトメッセンジャー概要

 
なかよし学園プロジェクトメッセンジャー(以下メッセンジャー)はNPO法人なかよし学園プロジェクトが主催する国際教育支援活動に参加し、次の活動を行います。
 
・現地で行うなかよし学園主催授業のサポート
・メッセンジャーが企画立案したプロジェクトの実行
・日本から集めた応援グッズの配布
 
上記を主な活動としその他付随するプロジェクト、現地研修活動を行います。
 
※日本人メンバーへの事前指導、準備のサポート、引率およびガイドは【なかよし学園平和塾】が行います。
 
 
 
 

活動国

現在なかよし学園は
 
・カンボジア
・ルワンダ
・ネパール
・コンゴ民主共和国
・ウガンダ(ルワムワンジャ難民キャンプ)
 
上記活動国の学校、孤児院、女性支援施設、少年兵更生学校、難民キャンプ等と提携を結び活動を行なっています。
(今後も活動国は拡大予定)
 
詳細はこちら
 
 
 
 

活動日数

当団体では
・カンボジア(1泊3日〜1週間程度)
・ルワンダ(約1週間〜10日程度)
・ネパール(約1週間〜10日程度)
・コンゴ民主共和国(2泊4日〜10日程度)
・ウガンダ(2泊4日〜10日程度)
 
上記の期間で活動を行なっています。
※日数は目安であり、現地の受け入れ状況とメンバーの状況によって延長・短縮します。
※アフリカの3カ国に関しては同時開催の場合もございます。
 
 
 
 

活動内容紹介

当団体では「未来の世界平和を担う人材育成」を目指し、参加者に多彩な学習プログラムを用意しています。
 
【主な活動】
・教育支援活動(なかよし学園が行う授業の実施サポート)
・スポーツ健康促進活動(サッカーやバスケなど、スポーツ実習のサポート)
・保険医療活動(手洗いや歯磨きの習慣化に向けた活動サポート)
・日本語教育活動(海外の生徒に日本語や日本の文化を教える活動)
・各自の考えたプロジェクト(プレゼン審査を通過した案を事前準備し、現地で活動させます)
・おさがりのプレゼント活動(日本から集めたおさがりを手渡します)
・元少年兵の社会復帰支援事業(悲しい過去を持つ少年少女に勉強を教え、社会復帰の支援を行います)
・難民キャンプで暮らす人々の生活支援活動(難民キャンプで住居の修繕や学校が無い子ども達への教科授業を行います)
・予防医学活動(コロナをはじめとする伝染病の予防啓発活動並びにマスクなど予防グッズの配布)
・その他、なかよし学園が行う海外プロジェクトの実施サポート
 
※上記は主な活動内容であり、現地状況とメッセンジャーの状況により決定します。
  
 
 
【現地研修活動】
 
【カンボジア】
・アンコール遺跡訪問研修
・キリングフィールド訪問研修
・水上生活訪問研修
・地雷戦争博物館訪問研修
・地雷除去現場見学研修
・トゥールスレン刑務所見学
・孤児院訪問研修
・ホームステイ研修
 
【ルワンダ】
・ジェノサイドメモリアル訪問研修
・アスレチックチーム訪問研修
・農業体験研修
・ハンドメイド工房見学研修
・サファリにおける野生動物観察研修
・ゴリラ見学研修
・教会ミサ体験研修
・ホームステイ研修
  
【ネパール】
・エベレスト観察研修
・サファリにおける野生動物観察研修
・孤児院訪問研修
・クマリ訪問研修
・ホームステイ研修
  
【コンゴ民主共和国】
・火山被災地見学研修
・キヴ湖見学研修
・少年兵更生学校見学研修
・防災学校見学研修
・避難所訪問研修
・難民キャンプ訪問研修
・国際赤十字訪問研修
・市中病院訪問研修
・孤児院訪問研修
・ホームステイ研修
 
【ウガンダ】
・UNHCR訪問研修
・畜産体験研修
・農村生活体験研修
・ホームステイ研修
 
※各研修は上記のうちいずれか1つまたは複数を状況により選択して行います。
 
 
 
 

参加資格

【参加年齢】
小学生以上
※未成年者は人数によっては保護者の同伴、または特別料金が設定されます
 
 
【参加人数】
1名から数十名
・少人数参加においては他のメンバーとの合同開催または特別料金の設定での実施となります
・50名を超える団体参加は場合によっては分割しての開催となる場合がございます(学校のご参加の場合を除く)
・企業研修、学校修学旅行、各種団体(10名以上)でのご参加は別途事務局で特別プランにて対応します
 
 

活動までの流れ

1.申込み
・メッセンジャーに応募した志望理由をメールまたは郵送で提出いただき、当団体理事による適性検査・採用試験を行います。(受験料3000円)
 
2.研修
・約数週間〜2ヶ月の間、活動国の現状と活動の意義、SDGsと活動方法を学ぶ研修を行います。
・研修はオンラインで行い、E-learningによる課題提出方式で行います。
・研修費用の事前振り込みをお願いします
 
3.活動国決定
・本人の希望に合わせて活動国、活動日を決定します。
・渡航費用のお支払いをお願いします。
 
4.現地活動
・引率スタッフの指示に従い現地で活動を行います。
・当団体は活動を目的とする研修であり、安全性確保の面からも原則単独での自由行動はありません。
 
5.帰国後解散
・各活動は東京(成田・羽田)を集合地とし、引率スタッフが完全同行致します(現地合流参加者を除く)
・帰国後東京(成田・羽田)で解散となります
 
※日本国内での事前研修についてはなかよし学園平和塾が行います。
 
 
 
 

ご注意

このプロジェクトは「旅行」ではありません。
主体的に目的を持って活動するプロジェクトであり、その意思を持ったメンバーを育てる現場実習です。
単なる観光、スタディツアーを希望の場合は旅行代理店へのお問い合わせをお勧めします。
 
 
 
 

費用 

メッセンジャー参加に必要な費用は「事前研修費(国内)」と「現地実習費(海外)」になります。メッセンジャー研修開始時、現地プロジェクト決定時にそれぞれお支払いください。
  
<各国別参加費用(事前研修費、現地実習費の総額)>
【カンボジア】
◆160,000円〜 平均240,000円
 
【ルワンダ】
◆400,000円〜 平均520,000円
 
【ネパール】
◆200,000円〜 平均290,000円
 
【コンゴ民主共和国】
◆500,000円〜 平均640,000円
 
【ウガンダ】
◆400,000円〜 平均520,000円
  
※料金は航空券価格、現地状況により異なります。
 
 
<割引料金と特別料金>
【割引】
・団体(企業、学校含む)割引
・経験者割引
・現地合流割引
・アフリカ複数国割引
 
【特別料金】
・単身参加
・未成年参加
 
※未成年者、シニア参加、特別な配慮を必要とする方の参加も受け付けています。
※その他、特別な事情を有する場合はご相談下さい。
 
 
 
<料金に含まれるもの>
・NGO活動研修費
・航空券(代行料含む)
・現地交通費
・現地滞在費(ホテル or ホームステイ)
・現地実習費
・現地ガイド費用
・日本人スタッフ同行費用
・現地食事代 ※数回程度レストランでの食事(自費)あり
・現地日本語通訳費
 
 
※海外旅行保険、予防接種、パスポート・ビザの申請は各自でお願いしています。(代行は可能です) 
 
 
お問い合わせ・お申し込みは下記フォームから
 
メッセンジャーフォーム
 

APPLICATION GUIDELINES

 

募集要項
活動国

・カンボジア

・ルワンダ

・ネパール

・コンゴ民主共和国

・ウガンダ

活動期間

【カンボジア】

1泊3日〜1週間程度

 

【ルワンダ】

1週間〜10日程度

 

【ネパール】

1週間〜10日程度

 

【コンゴ民主共和国】

2泊4日〜10日程度

 

【ウガンダ】

2泊4日〜10日程度

 

※アフリカ各国は組み合わせて複数国同時開催することがあります

活動内容

◆教育支援活動

なかよし学園が行う授業の実施サポート

 

◆スポーツ健康促進活動

サッカーやバスケなど、スポーツ実習のサポート

 

◆保険医療活動

手洗いや歯磨きの習慣化に向けた活動サポート

 

◆日本語教育活動

海外の生徒に日本語や日本の文化を教える活動

 

◆各自考えたプロジェクト実施

プレゼン審査を通過した案を事前準備し、現地で活動させます

 

◆おさがりのプレゼント活動

日本から集めたおさがりを手渡します

 

◆元少年兵の社会復帰支援事業

悲しい過去を持つ少年少女に勉強を教え、社会復帰の支援を行います

 

◆難民キャンプで暮らす人々の生活支援活動

難民キャンプで住居の修繕や学校が無い子ども達への教科授業を行います

 

◆予防医学活動

コロナをはじめとする伝染病の予防啓発活動並びにマスクなど予防グッズの配布

 

◆なかよし防災学校支援活動

各国の防災学校で自然災害に備える授業を行う

 

◆その他、なかよし学園が行う海外プロジェクトの実施サポート

 

※上記は主な活動内容であり、現地状況とメッセンジャーの状況により決定します。

研修活動

【カンボジア】

・アンコール遺跡訪問研修

・キリングフィールド訪問研修

・水上生活訪問研修

・地雷戦争博物館訪問研修

・地雷除去現場見学研修

・トゥールスレン刑務所見学

・孤児院訪問研修

・ホームステイ研修

 

【ルワンダ】

・ジェノサイドメモリアル訪問研修

・アスレチックチーム訪問研修

・農業体験研修

・ハンドメイド工房見学研修

・サファリにおける野生動物観察研修

・ゴリラ見学研修

・教会ミサ体験研修

・ホームステイ研修

  

【ネパール】

・エベレスト観察研修

・サファリにおける野生動物観察研修

・孤児院訪問研修

・クマリ訪問研修

・ホームステイ研修

  

【コンゴ民主共和国】

・火山被災地見学研修

・キヴ湖見学研修

・少年兵更生学校見学研修

・防災学校見学研修

・避難所訪問研修

・難民キャンプ訪問研修

・国際赤十字訪問研修

・市中病院訪問研修

・孤児院訪問研修

・ホームステイ研修

 

【ウガンダ】

・UNHCR訪問研修

・畜産体験研修

・農村生活体験研修

・ホームステイ研修

 

※各研修は上記のうちいずれか1つまたは複数を状況により選択して行います。

参加資格

小学生以上

未成年者は人数によっては保護者の同伴、または特別料金が設定されます

参加人数

1名から数十名

◆少人数参加においては他のメンバーとの合同開催または特別料金の設定での実施となります

 

◆50名を超える団体参加は場合によっては分割しての開催となる場合がございます(学校のご参加の場合を除く)

 

◆企業研修、学校修学旅行、各種団体(10名以上)でのご参加は別途事務局で特別プランにて対応します

活動までの流れ

1.申込み

◆メッセンジャーに応募した志望理由を提出いただき、当団体理事による適性検査・採用試験を行います。(受験料3000円)

 

2.研修

◆約数週間〜2ヶ月の間、活動国の現状と活動の意義、SDGsと活動方法を学ぶ研修を行います。

◆研修はオンラインで行い、E-learningによる課題提出方式で行います。

◆研修費用の事前振り込みをお願いします

 

3.活動国決定

◆本人の希望に合わせて活動国、活動日を決定します。

◆渡航費用のお支払いをお願いします。

 

4.現地活動

◆引率スタッフの指示に従い現地で活動を行います。

◆当団体は活動を目的とする研修であり、安全性確保の面からも原則単独での自由行動はありません。

 

5.帰国後解散

◆各活動は東京(成田・羽田)を集合地とし、引率スタッフが完全同行致します(現地合流参加者を除く)

◆帰国後東京(成田・羽田)で解散となります

 

※日本国内での事前研修についてはなかよし学園平和塾が行います。

料金

【カンボジア】

◆160,000円〜 平均240,000円

 

【ルワンダ】

◆400,000円〜 平均520,000円

 

【ネパール】

◆200,000円〜 平均290,000円

 

【コンゴ民主共和国】
◆500,000円〜 平均640,000円

 

【ウガンダ】

◆400,000円〜 平均520,000円

  

※料金は航空券価格、現地状況により異なります。

割引料金と特別料金

【割引】

・団体(企業、学校含む)割引

・経験者割引

・現地合流割引

・アフリカ複数国割引

 

【特別料金】

・単身参加

・未成年参加

※その他、特別な事情を有する場合はご相談下さい。

料金に含まれるもの

・NGO活動研修費

・航空券(代行料含む)

・現地交通費

・現地滞在費(ホテル or ホームステイ)

・現地実習費

・現地ガイド費用

・日本人スタッフ同行費用

・現地食事代

※数回程度レストランでの食事(自費)あり

・現地日本語通訳費

注意事項

◆メッセンジャーとしての自覚

・このプロジェクトは「旅行」ではありません。主体的に目的を持って活動するプロジェクトであり、その意思を持ったメンバーを育てる現場実習です。

・参加者は「平和構築のための教育支援活動」に参加する条件で特別なインビテーション(招待状)や難民キャンプへのエントリー許可証が発行されます。そのため活動前後を問わず品位ある行動を求めます。

・観光、スタディツアーを希望の場合は旅行代理店へのお問い合わせをお勧めします。

 

◆言語能力

活動中はなかよし学園スタッフが同行するため、言語能力は問いません。参加者は言語能力の有無に関わらず、大きな感動を得て帰国しています。

 

【各国の言語】

・カンボジア(クメール語)

・ルワンダ(英語、キニャルワンダ)

・ネパール(英語、ヒンドゥ語)

・コンゴ民主共和国(フランス語、スワヒリ語)

・ウガンダ(英語、スワヒリ語)

 

◆パスポート

パスポートは有効期限6ヶ月以上残っているものをご用意ください

 

◆ビザ

活動国によってビザの取得要件が変わります。メッセンジャー認定後は事務局よりビザ取得のご案内を送付します。個人での取得が難しい場合はこちらで取得代行も行っています。

 

【各国のビザ状況】

・カンボジア

◉在日カンボジア大使館にて取得

◉アライバル(現地到着時)にて取得

のいずれか

 

・ルワンダ

◉在日ルワンダ大使館にて取得

◉アライバル(現地到着時)にて取得

のいずれか

 

・ネパール

◉在日ネパール大使館にて取得

 

・コンゴ民主共和国

◉申請書、インビテーション(招待状)、銀行残高証明書(英文、USドル、成人のみ)、イエローカードのコピー、パスポート、パスポートのコピー、航空券のコピーを用意の上、在日コンゴ民主共和国大使館にて取得

◉上記提出物を用意しオンライン申請を行い、アライバルにて取得

のいずれか

※コンゴのビザ取得には現地団体からのインビテーションが必要になります。取得はなかよし学園が代行して行います

 

・ウガンダ

◉在日ウガンダ大使館にて取得

◉オンライン申請にて取得

のいずれか

※ウガンダでは他に難民キャンプへのエントリー許可証が必要になります。取得はなかよし学園が代行して行います

 

◆海外旅行保険の加入

海外旅行保険の加入は義務ではありませんが活動国の特性上、参加メッセンジャーには各自海外旅行保険の加入をお勧めしています

 

◆ワクチン、予防接種

ワクチン、予防接種は義務ではありませんが活動国の特性上、参加メッセンジャーには厚生労働省または外務省のホームページを参照し接種をお勧めしています

※アフリカ各国(ルワンダを除く)では黄熱病の接種証明であるイエローカード取得が義務となります

 

※新型コロナウイルスワクチンに関しては2回接種が望ましいですが、当団体では感染対策を徹底し、接種を条件とは致しません。(但し、活動国が義務化している場合を除く) 

 

◆現地の病院

各国には空港など都市部を中心に外国人長期滞在者向けの病院があり、緊急を要する場合には搬送することができます(自費負担)。しかし都市部から離れた場所で活動することが多いことから体調には万全を期して臨むようお願いしています。また、当団体は活動期間を数日から1週間程度と短くすることで重症化する前に帰国できるよう対策を取っています。万一活動途中で帰国を要する時はチケット取得による単身での帰国、当団体同行者を伴う帰国を選択していただきます(自費負担) 

 

◆コロナ対策

新型コロナに関して当団体では独自のマニュアルを作成し、行動指針を厳しく定めております。マスク着用や活動中の接触については引率者の指示に従うようお願いします。

活動国

・カンボジア

・ルワンダ

・ネパール

・コンゴ民主共和国

・ウガンダ

活動期間

【カンボジア】

1泊3日〜1週間程度

 

【ルワンダ】

1週間〜10日程度

 

【ネパール】

1週間〜10日程度

 

【コンゴ民主共和国】

2泊4日〜10日程度

 

【ウガンダ】

2泊4日〜10日程度

 

※アフリカ各国は組み合わせて複数国同時開催することがあります

活動内容

◆教育支援活動

なかよし学園が行う授業の実施サポート

 

◆スポーツ健康促進活動

サッカーやバスケなど、スポーツ実習のサポート

 

◆保険医療活動

手洗いや歯磨きの習慣化に向けた活動サポート

 

◆日本語教育活動

海外の生徒に日本語や日本の文化を教える活動

 

◆各自考えたプロジェクト実施

プレゼン審査を通過した案を事前準備し、現地で活動させます

 

◆おさがりのプレゼント活動

日本から集めたおさがりを手渡します

 

◆元少年兵の社会復帰支援事業

悲しい過去を持つ少年少女に勉強を教え、社会復帰の支援を行います

 

◆難民キャンプで暮らす人々の生活支援活動

難民キャンプで住居の修繕や学校が無い子ども達への教科授業を行います

 

◆予防医学活動

コロナをはじめとする伝染病の予防啓発活動並びにマスクなど予防グッズの配布

 

◆なかよし防災学校支援活動

各国の防災学校で自然災害に備える授業を行う

 

◆その他、なかよし学園が行う海外プロジェクトの実施サポート

 

※上記は主な活動内容であり、現地状況とメッセンジャーの状況により決定します。

研修活動

【カンボジア】

・アンコール遺跡訪問研修

・キリングフィールド訪問研修

・水上生活訪問研修

・地雷戦争博物館訪問研修

・地雷除去現場見学研修

・トゥールスレン刑務所見学

・孤児院訪問研修

・ホームステイ研修

 

【ルワンダ】

・ジェノサイドメモリアル訪問研修

・アスレチックチーム訪問研修

・農業体験研修

・ハンドメイド工房見学研修

・サファリにおける野生動物観察研修

・ゴリラ見学研修

・教会ミサ体験研修

・ホームステイ研修

  

【ネパール】

・エベレスト観察研修

・サファリにおける野生動物観察研修

・孤児院訪問研修

・クマリ訪問研修

・ホームステイ研修

  

【コンゴ民主共和国】

・火山被災地見学研修

・キヴ湖見学研修

・少年兵更生学校見学研修

・防災学校見学研修

・避難所訪問研修

・難民キャンプ訪問研修

・国際赤十字訪問研修

・市中病院訪問研修

・孤児院訪問研修

・ホームステイ研修

 

【ウガンダ】

・UNHCR訪問研修

・畜産体験研修

・農村生活体験研修

・ホームステイ研修

 

※各研修は上記のうちいずれか1つまたは複数を状況により選択して行います。

参加資格

小学生以上

未成年者は人数によっては保護者の同伴、または特別料金が設定されます

参加人数

1名から数十名

◆少人数参加においては他のメンバーとの合同開催または特別料金の設定での実施となります

 

◆50名を超える団体参加は場合によっては分割しての開催となる場合がございます(学校のご参加の場合を除く)

 

◆企業研修、学校修学旅行、各種団体(10名以上)でのご参加は別途事務局で特別プランにて対応します

活動までの流れ

1.申込み

◆メッセンジャーに応募した志望理由を提出いただき、当団体理事による適性検査・採用試験を行います。(受験料3000円)

 

2.研修

◆約数週間〜2ヶ月の間、活動国の現状と活動の意義、SDGsと活動方法を学ぶ研修を行います。

◆研修はオンラインで行い、E-learningによる課題提出方式で行います。

◆研修費用の事前振り込みをお願いします

 

3.活動国決定

◆本人の希望に合わせて活動国、活動日を決定します。

◆渡航費用のお支払いをお願いします。

 

4.現地活動

◆引率スタッフの指示に従い現地で活動を行います。

◆当団体は活動を目的とする研修であり、安全性確保の面からも原則単独での自由行動はありません。

 

5.帰国後解散

◆各活動は東京(成田・羽田)を集合地とし、引率スタッフが完全同行致します(現地合流参加者を除く)

◆帰国後東京(成田・羽田)で解散となります

 

※日本国内での事前研修についてはなかよし学園平和塾が行います。

料金

【カンボジア】

◆160,000円〜 平均240,000円

 

【ルワンダ】

◆400,000円〜 平均520,000円

 

【ネパール】

◆200,000円〜 平均290,000円

 

【コンゴ民主共和国】
◆500,000円〜 平均640,000円

 

【ウガンダ】

◆400,000円〜 平均520,000円

  

※料金は航空券価格、現地状況により異なります。

割引料金と特別料金

【割引】

・団体(企業、学校含む)割引

・経験者割引

・現地合流割引

・アフリカ複数国割引

 

【特別料金】

・単身参加

・未成年参加

※その他、特別な事情を有する場合はご相談下さい。

料金に含まれるもの

・NGO活動研修費

・航空券(代行料含む)

・現地交通費

・現地滞在費(ホテル or ホームステイ)

・現地実習費

・現地ガイド費用

・日本人スタッフ同行費用

・現地食事代

※数回程度レストランでの食事(自費)あり

・現地日本語通訳費

注意事項

◆メッセンジャーとしての自覚

・このプロジェクトは「旅行」ではありません。主体的に目的を持って活動するプロジェクトであり、その意思を持ったメンバーを育てる現場実習です。

・参加者は「平和構築のための教育支援活動」に参加する条件で特別なインビテーション(招待状)や難民キャンプへのエントリー許可証が発行されます。そのため活動前後を問わず品位ある行動を求めます。

・観光、スタディツアーを希望の場合は旅行代理店へのお問い合わせをお勧めします。

 

◆言語能力

活動中はなかよし学園スタッフが同行するため、言語能力は問いません。参加者は言語能力の有無に関わらず、大きな感動を得て帰国しています。

 

【各国の言語】

・カンボジア(クメール語)

・ルワンダ(英語、キニャルワンダ)

・ネパール(英語、ヒンドゥ語)

・コンゴ民主共和国(フランス語、スワヒリ語)

・ウガンダ(英語、スワヒリ語)

 

◆パスポート

パスポートは有効期限6ヶ月以上残っているものをご用意ください

 

◆ビザ

活動国によってビザの取得要件が変わります。メッセンジャー認定後は事務局よりビザ取得のご案内を送付します。個人での取得が難しい場合はこちらで取得代行も行っています。

 

【各国のビザ状況】

・カンボジア

◉在日カンボジア大使館にて取得

◉アライバル(現地到着時)にて取得

のいずれか

 

・ルワンダ

◉在日ルワンダ大使館にて取得

◉アライバル(現地到着時)にて取得

のいずれか

 

・ネパール

◉在日ネパール大使館にて取得

 

・コンゴ民主共和国

◉申請書、インビテーション(招待状)、銀行残高証明書(英文、USドル、成人のみ)、イエローカードのコピー、パスポート、パスポートのコピー、航空券のコピーを用意の上、在日コンゴ民主共和国大使館にて取得

◉上記提出物を用意しオンライン申請を行い、アライバルにて取得

のいずれか

※コンゴのビザ取得には現地団体からのインビテーションが必要になります。取得はなかよし学園が代行して行います

 

・ウガンダ

◉在日ウガンダ大使館にて取得

◉オンライン申請にて取得

のいずれか

※ウガンダでは他に難民キャンプへのエントリー許可証が必要になります。取得はなかよし学園が代行して行います

 

◆海外旅行保険の加入

海外旅行保険の加入は義務ではありませんが活動国の特性上、参加メッセンジャーには各自海外旅行保険の加入をお勧めしています

 

◆ワクチン、予防接種

ワクチン、予防接種は義務ではありませんが活動国の特性上、参加メッセンジャーには厚生労働省または外務省のホームページを参照し接種をお勧めしています

※アフリカ各国(ルワンダを除く)では黄熱病の接種証明であるイエローカード取得が義務となります

 

※新型コロナウイルスワクチンに関しては2回接種が望ましいですが、当団体では感染対策を徹底し、接種を条件とは致しません。(但し、活動国が義務化している場合を除く) 

 

◆現地の病院

各国には空港など都市部を中心に外国人長期滞在者向けの病院があり、緊急を要する場合には搬送することができます(自費負担)。しかし都市部から離れた場所で活動することが多いことから体調には万全を期して臨むようお願いしています。また、当団体は活動期間を数日から1週間程度と短くすることで重症化する前に帰国できるよう対策を取っています。万一活動途中で帰国を要する時はチケット取得による単身での帰国、当団体同行者を伴う帰国を選択していただきます(自費負担) 

 

◆コロナ対策

新型コロナに関して当団体では独自のマニュアルを作成し、行動指針を厳しく定めております。マスク着用や活動中の接触については引率者の指示に従うようお願いします。

 
Love Others
for yourself
 
なかよし学園グループの紹介
 
なかよし学園事務局
twitter
 
なかよし学園公式
Facebookページ
 
LINE@でなかよし学園と
お友達になろう!
友だち追加

なかよしクラウド
ファンディング
実施中!

アフリカ・コンゴに防災学校の校舎を建設し、市民40万人の命を守るクラウドファンディング実施中!
ご参加お待ちしています。